FC2ブログ

運命の明暗

夜、雑木林と草地を探索していたところ、ライトの中に浮かび上がった。

交尾しているオオカマキリのペアだが、♀に食われているのもまたオオカマキリの♂である。
オオカマキリの交尾と捕食

「カマキリの♀は交尾後に♂を食べてしまう」とよく言われるが、これは実は必ずしも正しくないようだ。
♀にとって動くものは全て獲物であり、捕食の対象となる。
♂はその♀に気付かれぬよう、そっと近づき、隙を狙って飛び乗って交尾をする。
しかし、近付く際に誤って♀に見つかってしまうと、餌にされてしまう。
…つまり、食われた♂というのは「ミスった個体」らしいのだ。

ただ、♂の本能で食われながらも体が動いて交尾に至ることもあるというから凄まじい。
頭を食われながらも交尾していたりするのは、そういった「ミスって食われたけど、本能で交尾まで至った」ものらしい。

無事に交尾に至った♂は、事が済むとまた隙を見て♀の背からヒョイと逃げるそうだ。
…もちろん、その時も♀に見つかれば獲物になってしまうので、「交尾後に食われる♂」というのも中にはいる。


状況から見るに、今回のコレは、
最初の♂がミスって♀に捕食され、その隙に別の♂がちゃっかり交尾に成功した
…という感じだろうか。
昆虫の世界にも、ちゃっかり者はいるらしい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク