スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせと雑記

中野にある「むし社」さんで随時開催している 昆虫標本教室 ですが、タイミングを逸したり準備等に手間取ったりで、夏休み以降開催できておりません。
にも関わらず、楽しみにして頂いている方もいらっしゃいますし、むし社にも問い合わせを頂いたりしているそうで、開催している者として嬉しい限りです。
ちょっと年内開催が難しいかもしれないのですが、来年には必ずまた開催しますので、その際は当blogや、むし社店頭ポスター等でお知らせいたします。
申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。




…ちなみに、私自身は初夏のフランス旅行以降は遠征等には行けず、今年はもっぱら近場での採集に明け暮れております(笑)
転居した地域が自然度が高く、面白い虫も多々おりまして。
地元ヤママユ
ヤママユなんかも、山に行けばダース単位で灯火に集まっていたりしますが、「市街地で」と条件を付けたら簡単ではない虫です。
遠征に行けない分、今年は新たな地元となった場所の昆虫をしっかり採集していこうかと。

いずれ単体で記事にもしたいと思っているのですが、「地元の昆虫相」というのは地元の人でなければ調べられません
有名な採集地には全国から虫屋が集まりますからおのずと記録も集積していきますが、特に有名ではない場所でどういう昆虫が生息しているのか?というのは、地元に住んでいる人だからこそ調べられることです。

そして地元の虫というのは、知らず知らずのうちに森や畑が住宅地に変わり、「いつの間にかいなくなってしまう」ものが多いのです。
「いっぱいいるし、わざわざ採らなくても…」と思っていた虫が、気付いたら姿を消している。
「ちょっと前までいっぱいいたんだよ」と言っても、記録が残っていなければそれは証明できません。


スジグロシロチョウは、まだ皆さんの地元にいますか?

いつの間にか、モンシロチョウばかりになっていませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
早速ですが、次の標本教室では何の標本教室を予定してますか?
いつも標本教室が楽しみで、今度はどんな虫を使ってやるのかなぁと楽しみにしております。
先日、自宅で標本を作製しました。その様子をyoutubeにUPしたので、よければ閲覧、ご指摘いただけると幸いです。
https://youtu.be/ptfJBtDDgEc
当方、あまり欠けとかは気にせず、欠けがひどくても一部の場合を覗いて標本作製をするので、欠けがある昆虫も多くて見難いと思いますがどうぞよろしくお願いします。

虫けら屋さんの自宅付近、ヤママユ採れるんですか!?
僕はまだ採取したことありません。
我が家の周りなんかスジグロは一切いません。
スジグロを見たことも無いです(笑)
自宅付近の河川敷に柳の気があると半年前くらいにありましたが、夏にはヒラタが集まってきますか?

長文コメント失礼いたしました。

No title

先日、地元仙台市の小中学生による理科作品展というものを見てきました。
夏休みの小中学生のがんばりが展示されていて、昆虫標本もいっぱいあります。
移動手段が限られる小中学生ですから、やはり主な標本は地元ラベル。
それだけに、地元にどんな昆虫がいるのか見るのにとてもいい展示会でした。
なかなか私の周囲には昆虫趣味の人はいないのですが、こういう作品展を見ると、たくさんの子ども達が採集だけではなく標本まで作っていることがわかって、嬉しいし心強く思います。
地元昆虫の膨大なデータが蓄積されていくのを感じますね。
私はクワガタメインで、あまり多くの種類を集めていませんが、生徒達の標本箱を見ていると、あれほしい、これほしいって欲が出てきます。
地元の自治体単位か、あるいは一つの雑木林単位でラベルをそろえた標本箱とか作ってみたいなぁと思いました。

でも宮城県ラベルのヒラタクワガタがあったのは気になりました。
北限はもっと南だった気がします。
中には外国産クワガタの標本箱もある展示会なので、間違って購入個体を入れてしまったのかな?…とも思いました。
でも、その出展者さんは自己採集した昆虫を入れた標本箱のみの出展でした。
しかもかなり小型のヒラタクワガタだから、あまり購入個体っぽくないように思います。
あこがれのクワガタではあるので、地元で採集できるなら嬉しいのですが、もし放虫だったら…と、どうしても考えてしまいます。

まぁそれも調べる上でも、地元の標本を残しておくって大事なことですよね!

チョウ目

こんにちは。今年は育てていたカブトの羽化不全(十数頭いたが全滅)、ミヤマ採集は悪天候で行くたびにボウズ。ノコギリ♂x1とアカアシ♂x1とシロスジカミキリx1。あとコクワ♀x1のみ。昨年のようなノコギリとミヤマのラッシュはありませんでした。しかしながらチョウ目は、オオムラサキ、アサギマダラ、スミナガシ、ミヤマカラス、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、クロコノマチョウ、その他タテハ・ジャノメ数種に加えオオミズアオ、ハグルマトモエ、アケビコノハ、ヤママユ、シロシタバ、その他スズメガ数種と豊漁でそのうち約半分くらいは地元採集でした。武蔵野自然史研究会の先生と虫けら屋さんのお陰で標本作成のレベル(特に我が子)もアップしたとおもいます。虫けら屋さんの地元ではヤママユなど大型種はまだ発生してますか?今年は急に寒くなったのもあるでしょうか?此方では発見しにくいものの、もうあと数頭欲しいところですが。

Re: No title

>melolontha@元TAROさん
お返事が遅くなってすみません。

標本教室につきましては、blogでお書きした通り発表をお待ち下さい。
内容なども含めて「次の予定」ですので。

標本動画ですが、教室でもお伝えしている通り「作り方は人それぞれ」なので、指摘は難しいです。
具体的な目標があればそれに近付けるための指摘はできますが、「美しく」や「ピシッと」など漠然としたものの場合や、個人のこだわりなどがある場合は、私視点の指摘が本人の意向に沿うかどうかが分からないためです。
カナブンのHPについては「閲覧者側の視点に立ったら」という具体的な仮定で数点だけ指摘させて頂きましたが、見やすさや分かりやすさに重きを置いて、内容や文章などについてほとんど触れなかったのも同じような理由からです。
ですので、上達には、基本である「正中線をまっすぐに&左右対称」を守りつつ、「数をこなすこと」「色々な方の作った標本を見ること」をされるのが良いかと思います。


うちの近所は少ないながらまだヤママユが見られます。
他にも意外な良い虫が色々見られ、また公式な昆虫相の発表記録もないため、いずれはまとめて何かに報告を出したいとは思っています。

Re: No title

>たく さん
子供たちの作った標本、見ていると楽しいですよね。
中でも、(あまり親があちこち連れて行って採らせた贅沢標本よりも)子供が自分の力で地元で一生懸命集めた虫の標本はついついじっくり見てしまいます。
時には、大人でも目を惹くような虫が入っていることもあり、「こんなのいたんだ!」と驚かされることもあります。
こういうのも、地元記録としてしっかり残していけたら良いなぁと思います。

ヒラタについて、ちょっと調べてみた(BE-KUWAで(笑))ところ記録の北限は山形県だそうです。
なので、ほぼ同緯度の宮城県でも(放虫の可能性ももちろんありますが)中南部なら生息しているかもしれません。
…とは言え、いたとしても個体数は決して多くないでしょうから、そうそう見つかるものではないとは思いますが。

個体数が少ないものほど短期間の調査では見つかりにくくなりますから、地元の力が活きるところですよね!

Re: チョウ目

>虫採り親子さん

なかなかの成果でしたね!
…ヤママユは、今年のシーズンは残念ながらもう終わりですね。
あれは晩夏から秋口の蛾なので、秋が深まる頃にはほとんど姿を消してしまいます。
そのため、地元で見つけたのは画像の1♂のみで、その後はボロにすら出逢えませんでした(できれば♀も採りたかった…)。

これからはヒメヤママユやウスタビガといった晩秋のヤママユガ科が姿を見せるので、今はそれが地元で採れないかと楽しみにしているところです。
あとは、毎年恒例のオオスズメバチの♂狙いですね(笑)

No title

>虫けら屋さん
ご返答ありがとうございます。
僕もまだ中学生なので、少しずつ標本を上手く作れるようにすればそのうち良い標本が作れるのでしょうかね。
何度も標本教室を受講させていただいていますが、おかげさまで、理科の自由研究に出した標本は市の作品展に出展され、作品展で標本の作品唯一の佳作となりました。来年は優秀賞を目指します!
ただ、昨日ヤフオクを見て回っていると、どこかで見たことあるなぁ~という標本の出品がありました、よく見ると、この前の市の小中学生の理科の自由研究の作品展にでていたものと同じでした。いらなくなって出品したのかなぁ~と見てみると、出品元は香川県、つまりオクで標本を落としてそのまま理科の宿題としてだしたということになります。これには驚きました。そのオクはよく見ると8月に終わってるものでした。みんな頑張って作っているのに、自分だけずるさせるという親が許せません。

No title

>たく さん
作品展で標本を見ていると、こんなところにこんな虫がいたのか!と今後の昆虫採取の参考になりますよね。
今年は、リュウキュウオオツヤをたくさん入れた標本がありすごいなあと思ってみていました。
ただ、小学生となると不正がありました。オクで標本を落としてそのまま出展されていたものがありました。
ただ、あまり昆虫に興味が無い人も標本を作っているようですね。一番大きいサイズのドイツ箱を使ってまで標本を作り、中がウジだらけよいうものが2点ありました。
同学校で、標本以外で昆虫に関する研究がありました。優良賞で県出展という、すごい成果でした。
その友達は、昆虫に少しだけしか興味がないのに、驚く研究成果を出していました。タイトルは「ニイニイゼミ幼虫の体表に付いたドロの研究」とても興味深い内容でした。
作品展を見ていると、いろいろな知らなかったことに気づいたりして、良いですね。

Re: No title

>melolontha@元TAROさん
佳作、おめでとうございます。

日本昆虫協会でやっている自由研究大賞なんかを見ても、小学生が自分で一生懸命作った標本はたとえ踊ってても評価したくなりますし、いかにも「親がやりました」という感じの標本はキレイでも評価しづらいですね。
まして、買ったものでは…

金井さんへ

>金井さん
申し訳ありませんが、当blogの性質上、場所を特定・推測できるようなコメントはご遠慮下さい。

はい、先日お会いしてクロコノマを一緒に見た者です。
このblogで合っております。

No title

虫けら屋さん、わざわざヒラタのことを調べて下さってありがとうございます。
山形が北限なら、宮城も…って思いますね。
毎年の展示会なので、今後も注目してみていこうと思います。

Re: No title

>たく さん
調べたといっても、BE-KUWAめくっただけですから(笑)

まぁ山形は最北記録という形でしょうから、分布自体は記録地点よりもう少し南…であるとしても、県内で生息はしてるんでしょうね。
であれば、宮城も…
個体数は、相当少ないでしょうけど…

虫けらや様
了解しました。
ルールを知らず申し訳ございません。クロコノマの人です。

Re: タイトルなし

>クロコノマの人さん
blog上だと誰でも見られるので、ポイントが分かると採集者が来てしまうこともあります。
なので、面白い虫を見つけた場合でも「場所が特定できない写真」や「場所を特定できないような状況説明」はいつも気に掛けています。
特に写真なんかは、背景も分かるような構図の方が自分は好きなのですが、それによって場所が割れてしまうような場合はその写真をblogに使えなかったりして、悩むこともありますね…。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。