スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミノウスバ

3月に千葉に転居してから、地元にどんな昆虫がいるのかを知るため、ちょいちょい時間を見つけては近所に網を持って出かけている。
10月末、河川の土手を網を持って歩いていたところ、オレンジと黒のツートンカラーの虫が目の前をよぎった。

…最初は、甲虫かと思った。

飛び方が比較的ゆっくりな上、色合いが飛んでいるクロウリハムシによく似ていたのだ。
しかし、それにしては大き過ぎる。クロウリの倍ぐらいはある。
だとすると、正体が何であれ未採集の虫の可能性が高い…と思い、再び現れたのをネットイン。
網を覗き込んで…
「あっ!」
ミノウスバ-1
薄黒い透明な翅、黄色い体、フワフワの黒い尻毛。
「ミノウスバ!」

秋だけに出る、1円玉程の大きさのカワイイ蛾である。
実のところ存在は知っていたものの今まで探そうとしたことはなく、つい先日某店で写真を見せてもらって探してみたくなった蛾だった。
「そっちの近所にもいると思うよ。」
との言葉通り、確かにいた。

それにしても、実物は想像以上の“ぷりちぃ”さである。
これは…春のフチグロトゲエダシャク(→記事)と合わせて、『二大 プリティ・モス』 に指定したい!

嬉しくなって近くを探してみると、マユミの木に何頭も絡むように飛び回っているのを見つけた。
よくよく探してみれば、木に止まって交尾している姿も。
どうやら、飛び回っている♂は、♀のフェロモンに惹かれて集まってきているらしい。
数頭を採集してみるが、その間にも新たに飛来する。

こりゃ後日カメラ持ってもう一度来ないとだな…ということで、11月3日に行ってみた。
到着した時間が16時過ぎと遅かったため飛んでいる個体はもう見られなかったが、先日見つけたマユミの木をよくよく見ると、数ヶ所で交尾しているのが見つかった。
ミノウスバ交尾
…普通、蛾の仲間は尻合わせで逆向きになって交尾をする。
ミノウスバも例外ではなく、通常は尻合わせで交尾をするのだが、このペアはどういうワケか、カブトムシのような背面乗りの交尾になっている。
他にも数ペアを見つけ、写真を撮って帰ってきた。


今の時期、昼間にマユミやマサキなどの周りを飛び回っており、市街地でも生け垣などで見られるらしいので、天気の良い日にお散歩がてら探してみてはいかがだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、かわいい(笑)
当方でもまだ昆虫に関しては中級者に届かないくらいの知識だと存じており、蛾の仲間は全然わかりません(笑)

千葉にも、こんな自然があったんですね。
僕も千葉県の星野道夫の出身地(あえて一部の人にしか市がわからないように)に住んでいますが、そっちのほうは全然すごい虫はいません。クワガタは、コクワかノコギリくらいしかいない上、市の中央部と南部にはあのド普通種であるカナブンも個体数が少なく、たま~に北部から飛来してくるくらい、全然虫がいません。
最初は、千葉県なんかシャープゲンモドくらいしかいないと思っていましたが、ネクイもいたなんて、千葉県も侮れませんね。


さて、関係ない話ですが、今ホームページを白紙に戻して(body要素)編集しています。
前回カナブンの紹介ページにてご指摘くださったものも含め、見なおしており、彩りのあるページになるよう努力しています。
よければ御覧ください。
標本教室ですが、個人的には小型のクワガタ希望です。

長文?コメント失礼いたしました。

Re: No title

>melolontha@元TAROさん
「いないと思っていたら、いるものも見つかりません」よ。
ノコがいるならヒラタも大抵います(数は少ないかもしれませんが)。
ウチの近所もクワガタはそんなもんですし、フトネクイハムシも普通に探してたらそうそう見つかりません。

ちなみにミノウスバは都区内でも見つかるような蛾ですので、そちらの近所でもいる可能性は十分にあると思いますよ。

みーっけ!

ミノウスバいましたー。虫けら屋さんのこの記事を見せた翌日に我が子が見つけました。しかも我が家の庭先。しかし小っちゃいっすねー。体長5ミリですよ。今年はアオバハゴロモの幼虫で同じ気持ちになりましたが、本当に「ぷりちー」でした。

Re: みーっけ!

>虫採り親子さん

5ミリ!?
いやいや、体長で1cm(触角含まず)、翅を開いた幅(開長)は3cmぐらいありますよ。

でも、本当に“ぷりてぃ”な虫ですよね。
いわゆる「蛾」のイメージとはかけ離れてますね。

No title

>虫けら屋さん
へぇ、そうですか。
コクワとノコギリも個体数少ないのですが来夏北へ行ってヒラタ探してみます!
ただ、カナブンやクワカブが採れる北の地域は、けっこう採取禁止区域が多いです(笑)
ヒラタは採ったことがないだけでなく、ワイルドで見たことさえないので、採りたいですねえ。
ヒラタも、意外と中野にもいるようなので(むし社にて中野産小型ヒラタが売られてました)こっちにもいるかもしれませんね。
7月には、北より飛来してきたと見られるカブトムシを下校中に採取しましたし、意外にもクワガタけっこういるかもしれませんね。
ミノウスバ、今度探してみます!

あれ〜?

ミノウスバ、見た目は確かにそのもの。見つけた時に⭐️になっていたので、今はタトウの中ですが、その前にノギスで測ったんです。触覚含まずで体長5ミリ開翅長さで1.5センチほどで。も一度確認してみます。ところで、ヒメヤママユ、ウスタビガも夜灯下狙いがやはり有効でしょうか?

Re: あれ〜?

>虫採り親子さん
ミノウスバと見た目がそっくりな種…というのは思い当たらないので、もしかすると矮小個体なのかも…?
近所でまた探索されるのでしたら、ぜひぜひ生きた個体を見つけてください。

ヒメヤママユやウスタビガも灯火ですね。
ウスタビ♂だけは飛来時間が変則的なようですが、ヒメヤマやウスタビ♀は夜回りで拾えます。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。