オオスズメバチの雄



…はい、動画を見て、ぎょッ!?として頂けたら大成功です。


ヤエヤママルバネクワガタが最盛期を迎える10月下旬~11月……本土では、世界最大のスズメバチであるオオスズメバチが繁殖の時期を迎えます。
(※最初、11月上旬と書きましたが、どうやら11月中は結構見られるようです。都区内だと12月上旬でも見られる事があるのだとか)

毎年秋になるとニュース番組などで『殺人蜂の恐怖!!』なんてセンセーショナルなタイトルで特集が組まれ、危険な害虫という面ばかりが強調されるスズメバチですが、幼虫の餌として多くの昆虫を狩るため害虫の大発生の抑止に大きく貢献しているという一面もあります。
また、九州地方では昔からスズメバチは貴重なタンパク質源として食料とされてきましたし、幼虫との栄養交換でスズメバチの成虫が長距離飛行や活動を行うことからヒントを得た「VAAM」というスポーツ飲料(?)も近年開発されました。

「安全」とは口が裂けても言い難いスズメバチではありますが、その一方で、実は重要な益虫でもあるのです。


さて、そんなスズメバチの中でも、最も大型で最も気性が荒いのがオオスズメバチです。

オオスズメバチ女王蜂

実は世界のスズメバチの中でもオオスズメバチは最大サイズを誇っており、「世界最大のスズメバチ」です。
女王蜂の体長は45mm以上に達し、働き蜂でも最大で40mmクラス。
(…ヨーロッパにはもっと小さなスズメバチしかいないため、西洋の虫屋さんはオオスズメバチの標本をとても欲しがるのだとか。)

4月頃から越冬した女王蜂が営巣を始め、6月下旬~7月あたりから働き蜂が現れ、9月頃には巣は最大級に成長します。
そして10月も下旬に入り木々が紅葉し始める頃、次世代の繁殖期に入り、オス蜂が姿を見せます。

…で、最初の動画の解説になるワケですが、動画の蜂はそのオス蜂です。

スズメバチの雄蜂は、秋にだけ現れるレア蜂で、実は刺しません
と言うのも、実は蜂の毒針というのはメスにしかないのです。
なぜなら、蜂の毒針というのは元々は産卵管由来の器官だからです。
…そう、メスにしか毒針がないという事は、つまり働き蜂も性的には実は全てメスなのです。

つまり、オス蜂は手で持とうが握ろうが、絶対に刺さない…と言うか、刺せないのです

オオスズメバチ♂手乗り
オオスズメバチ♂手掴み

…とは言え、絶対安全と分かっていても、手に乗せたり掴んだりするのは結構ドッキドキ。




※予め申し上げておきますが、同時期に働き蜂も飛んでいますので、今の時期にいるのが全て雄蜂というワケではありません。
ですので、手掴み遊びは“確実にオスである”と確認してからにしましょう。
…って、普通手掴みしないか(^^;

オオスズメバチは、日本だけでも毎年2桁の人が刺されて死亡する非常に危険な蜂であると同時に、様々な事に役立っている益虫でもあります。
人に近過ぎる場所に営巣したりした場合にはやむを得ないにしても、山中に営巣したものまで無闇に騒ぎ立てたりせず、適度な距離を保っていきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

スズメバチの♂がさせないとは、
びっくり、目からうろこです。
映像はドキドキですよ~(^^;

採集時や山に入った時にスクランブル飛行してくるやつらは
ほとんどが♀だったんですね!

勉強になりました!

>クワキチさん
スズメバチのオス蜂は秋にしか出ないので、4〜8月頃に見掛けるのは100%メス(女王or働き蜂)ですね。

雄蜂を見分けられるようになると、人前で『スズメバチを手掴みしてみせる』というビックリ技が使えるようになります(笑)
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク