スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢いは突然に

今の場所に転居して、初夏の頃からずっと近所の灯火回りを続けている。
夏はカブト・クワガタもよく飛んでくるし、スズメガなどの蛾類や、コロギスなどのバッタ類、コガネ、セミ、ゴミムシ、カメムシ…様々な虫が飛んでくるので地元昆虫相を調べるのには既設の外灯などをちょくちょく回るのは効率が良いのだ。
とは言え秋も深まり、甲虫をはじめ虫たちの飛来はめっきり少なくなった。
…しかし、この秋の中~終盤に出てくるヤママユガの仲間がおり、それを地元採集すべく、虫の少ない灯火回りを続けていた。
だが、他の小さい蛾は見掛けるものの、本命にはちっとも出逢えない。
時期的に、ひとつめのヒメヤママユの方はもう発生していて良いハズなのに…

そんな中、11月4日のこと。
昼間にSNSでヒメヤママユの画像が出ていた。
いいなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…と指を咥えながら見ていたのだが、その帰り、地元駅で電車を下りて改札へ向かう途中、ふと、何気なく窓のサッシに目をやった。
夏場だと、よく虫がハマり込んでいたりするので、「何かいないかなぁ…」なんて気軽な気分で。
そしたら…










ヒメヤママユ死骸
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!
Σ(゚Д゚;)

な…なんで…

どうして…

なんで探し求めてた虫がこんなトコでボロボロのカサカサになっとんじゃぁぁぁぁぁあッ!

もう、駅の中だというのに思わず「マジかよ!?」と声が出てしまった。
一度は置いていきかけたものの、もし今シーズン生きた個体に出逢えなかったら、記録標本が…と思い、ボロボロの死骸を未練がましく持ち帰った。

…にしても、ボロボロのワリに鱗粉はよく乗っており、暴れて壊れたものの飛び古している感じはあまりない。
となると、もしかして、まだ発生が始まったばかりなのだろうか…?

生息が確認できて、しかも発生しているという確たる証拠が出ては、じっとしていられない。
家に帰って一息ついたら早速支度をする。
捕虫網、三角ケース、懐中電灯、アンモニア…

自転車に跨り、夜の闇へと走り出す。
近場のよく行く灯火を見るが、何もいない。
コンビニ灯火もダメ。
古い神社の明かりを見ていたら、近所の人に 不審者と思われかける が、きちんと挨拶をして事情を説明し、理解してもらって事なきを得る。…まぁ、夜中に神社で懐中電灯持ったのがウロウロしてたら怪しいよな、そりゃ。
こういう時こそ、こちらから真っ先に挨拶をした方がいい。
向こうは「不審者か…?」と警戒しているのだから、こちらが狼狽えていたら尚更怪しまれるし、黙って立ち去るなんてのは論外。
こちらに悪意が無いことを示すためにも、明るく「あっ、すみません、こんばんは」と。

…が、狙いの蛾はいない。
仕方ないので更に足を伸ばし、少し大きな森がある方まで行く。
外灯を一本ずつ見ながら自転車で流していくと、民家の前の外灯に、萎びた蝶ネクタイ みたいな影があった。

「!」

慌てて急ブレーキ、懐中電灯でそれを照らすと、まごうこと無きヒメヤママユの姿!
「いたっ!」
思わず叫びそうになるのをギリギリで堪え、小さな声で言う。
コソコソと網を組み立て、伸ばす。
夜中になってだいぶ冷えてきており、この分ならすぐには飛べないハズ。下から網でつつけばそのまま落ちるだろう。
網をソロソロと伸ばし、下から突いてやると、思った通りはらりと網の中に落ちる。
「入った!!」
やっぱり小さな声でそう言って、網を手元に戻せば…
地元産ヒメヤママユ
っしゃぁぁぁあッ!
思わずグッ!と拳を握る。

まだ、昨日か今日羽化したばかりの新鮮な個体に見える。
…となると、思っていたより地元のヒメヤママユの発生は遅かったということだろうか?

その後更に1時間ほど探索を続けたが、続く個体は見つけることができなかった。
とりあえず地元記録としては1頭だけでも採れれば良いのだが、ステキな蛾であるし、何頭かは採っておきたい。
まだこれから発生が続くのなら、チャンスはあるかもしれない。
そして何より、これからもうひとつの、晩秋最後のヤママユガが出てくる季節である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヤママユガ怖い(≧∇≦)

虫けらやさん、蛾をこよなく愛しているのですね(^o^)私も蛾について少し囓ってみようと家の近くの図書館に行き色々な図鑑をめくりました。まずミノウスバを調べて見ましたがやはり私には無理かなぁ?少年時代からチョウチョばかり追いかけてて蛾は触ることすら出来ず、オオミズアオを前にして逃げ回っていたし、春のウスバシロチョウを採りに御岳山へ行った時もテングチョウに似たイカリモンガの前で固まってしまった(^^;;そんなこんなですが蛾屋さんにすると蝶よりも種類の幅も広いし可愛いと言います(^o^)私も一時蛾も有りかな^ ^って思っていたのですが家の玄関前に信州から取り寄せたヤマボウシという木にイラガと言う蛾が毎年大発生し、ついに幼虫の棘に刺され今では自慢の木も処分をせざるしかありませんでした。私には蛾は無理ですが…蛾を大切にされている人を尊敬いたします。くだらないコメントですみませんm(_ _)m夕方図書館脇でクロコノマ発見👀私にはこれしかないなぁm(_ _)m

No title

こんにちは。
ヤママユもそちらでは採れるのですね。
オオミズアオもそちらでは採れますか?
ヤママユも、オオミズアオもまだ採ったこと無いのですごくほしいです。
オオミズアオは富山県の宮崎駅のラッチ内階段で綺麗な死体を発見しましたが、そのとき採取用品持ってなかったので諦めました...

さて、標本教室はいつごろになりますかね。
いつも楽しみで仕方がありません。
まだ標本については初心者なので、標本の上手い作り方を教えてもらうことができ、またそれを自宅でも実践でき、とてもうれしく思っています。
市内作品展の佳作も、標本教室があってこそだと思います。
そして、教室終了後も、虫けら屋さんと昆虫のことについて直接話すことができるというのも、とても楽しみです。

久しぶりのキタテハ!

最近、中断中だった虫観察を再始動してしまいました。やはり影響の力は凄いですね。そして今日、地元でキタテハを素手で採集、しかも羽化したばかりの小型のキタテハに感動しました(^o^)地元で感動したのはアサギマダラの群れ、山地性のオナガアゲハが近所にいた、ジャノメチョウの復活等々、今年はミドリヒョウモンもいた👀まぁ実家の有る神奈川からここへ移って来て39年になるので色々あっても当たり前ですが…来年から地元調査を本格的に実戦する予定です。今日は近所でウラゴマダラシジミの生息地があるというので環境調査に出かけてました。近所なのにえっ?こんな所が!大自然が有ったのです。しかも今は廃虚の森になっていましたが自然はそのままなので来年が楽しみになって来ました(^o^)この森はネットでも載っていてチョウチョ以外、他の虫の知識がまったくない小生、ウスタビガ•クルマスズメの蛾の生息、ヤマトタマムシ•ウチワヤンマ•ショウジョウトンボなどが見られるそうです。とりあえず虫けらやさんに情報の提供がしたくてコメントしてしまいました。

いぃぃぃなぁぁぁ!

まさにこの時期狙いでこの終末と思ってましたが、生憎の雨。雨の日出現しないですよねー?。小さなトンネルの中とかでも?ヒメヤママユー!

いぃぃぃなぁぁぁ!PT.2

名前間違えました。ヒメヤママユ〜!の続き。この際だからウスタビガでも良いんだけどな〜。雨が憎いです。今年はどうもこのタイミングが多かったです。そういえば、青梅の時も降ったような、、、。

Re: No title

>melolonthaさん
ヤママユではなく、ヒメヤママユですよ。ヤママユは先日既に出ております(笑)
オオミズオアオはヤママユガ科の中では一番市街地まで生息している蛾なので、探していれば出逢えると思いますよ。
…以前に、東京都千代田区の市ヶ谷駅(Googleマップで見れば町のど真ん中なのが分かります)のすぐそばで見つけた時にはさすがに驚きましたが。

…標本教室の予定については、お待ちくださいとお伝えした通りです。
公式に情報を流すまではここで質問されてもリークしませんし、できません。
楽しみにして頂けるのはとても嬉しいですが、そこはご理解ください。
これ以上聞かれるのは、さすがにちょっと困ります。

Re: 久しぶりのキタテハ!

>クロコノマの人。さん
こちらは、自身で確認しながらゆっくり確実に調査を続けていくつもりなので、慌てなくて大丈夫ですよ(笑)
転居して初年度の今年はルッキングや灯火回りなど“素手&捕虫網”をメインでやってきましたので、来年以降はベイトトラップ等のトラップ採集も織り交ぜながら更に続けていきたいと思っています。
「標本で残す」を基本にしているので、今年は目撃のみで採集できなかった種も、来年はしっかり採集していきたいと思っています。

Re: いぃぃぃなぁぁぁ!PT.2

>虫採り親子さん
ヒメヤママユ、なんとなく森だらけの田舎に生息している(T尾山あたりが最前線、ぐらいの)イメージを持っていたので、地元で採れたのは驚き&嬉しさと同時にちょっと微妙な気分にもなりました(笑)
色々と見聞きしてみると、ある程度の雑木林が残っている場所なら意外と市街地近くまで生息している虫なんですね。

ウスタビガももう出てきていますので、自分も今朝3時に起きて灯火を見に行こうとしたんですが、道が濡れていて断念しました。
雨が憎い…まったくもって同意です(笑)

No title

>虫けら屋さん
すいません、何度も聞いてしまって。
ヤママユについては、前々回の記事のことです。そちらではヤママユとヒメヤママユどちらも採れるのですね。
オオミズアオも、今年は人生で初めて見かけることが出来ました。
一回目は、前回コメントの「越中宮崎駅」二回目は、自宅付近にてバラバラ死体を発見。
僕の家の周りにもオオミズアオがいるのかも知れません。今度時期になったら自宅で灯火採取してみます。
(7~8月に自宅で灯火採取した際にはアオドウガネとクサギカメムシがほとんど、まれにコフキやオオコフキでした。)
虫けら屋さんは標本専門ですか?
僕は標本と併せて飼育もしています。飼育した虫も標本にするために僕は欠けのある虫の標本が多々あります。
あと、虫けら屋さんは徳之島へ行ったことありますか?僕は再来年高校入学後の夏休みに徳之島へ行く案が出ていて、虫けら屋さんも行ったことがあるのなら何クワガタがどのくらい採れたかなど教えてほしいです。
長文失礼いたしました。

No title

こんにちは、また記事と関係ない話で失礼かとは存じますが、ヤフオクにて同一詐欺者の出品がありました。
違反報告する人数は多いほうがオークション削除されやすいと思います。URL載せますので違反報告していただければ幸いです。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g164787461
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k202773377
ほんと、こりない詐欺者ですが落札で評価されているそうです。落札での評価で信頼を得る作戦でしょうかね。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。