ウスタビガ

晩夏から秋にかけて、次々と姿を現すヤママユガ達。
ヤママユ→クスサン→ヒメヤママユ(→記事)→…と続いたヤママユガ達のリレーの最後を受けて現れるのが、ウスタビガである。
ウスタビガ♀
明るい黄色で丸っこいハネのコレは、メス。
♂は黄色~茶色のハネで、先がやや尖っていて雌雄でだいぶ見た目が違う……のだけど、どうやら♂を見られないままシーズンが終わりそうである。

ウスタビガは10月下旬~11月、気温もぐっと下がり木枯らしが吹こうかという頃合いに姿を現す。
しばし前まで元気に鳴いていたコオロギの声もだいぶ寂しげになり、気の早い木は葉を落とし、いよいよ秋の気配が深まってくる頃合い。
これも地元でぜひ見つけたい虫のひとつだったが、11月も半ば近くになってようやく見つけることができた。

幸運にも一晩に2♀を見つけることができたが、♂は採れず。
ヤママユガの仲間は灯火に飛来するのは♂の方が多いのだが、このウスタビガだけは♀の方が多い。
ウスタビガ♀-2
♂は明け方近くになってから飛来することが多いようで、それを狙って朝3時に超早起きして灯火を回ったりしたのだが、出逢えず。

ヤママユガのラストを飾るウスタビガもそろそろシーズンが終わりに近い。
♂に出逢うのは、来年まで持ち越しになりそうである。

…そして、本種は繭の形も独特だったりして、まだまだ色々書きたいことはあるのだが、まだ撮影できず画像を持ち合わせていないので、うちのblogに載せられるのは今しばらく先のことになりそうである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今シーズンもぼちぼち

ヒメヤママユ→ウスタビガと狙いに行こうとしていた矢先の週末の悪天候→仕事→悪天候→仕事とチャンスを逃しつつ終わりそうです。ウスタビガはあの黄緑色のてっぺんを糸で縫い合わせたような繭はあんなに山道のあちこちで見つけるのに羽化後の成体には一度も出会っていないT_T今シーズンヤママユ科はオオミズアオ、ヤママユ共に♂のみ。昨シーズン、採取道具を持参していなくて惜しくも撮影のみにてリリースしたベニスズメガにも思い焦がれつつ、来シーズンに備えて情報収集に励まねば。(^^;; あっ、そうそう。トウキョウヒメハンミョウ。パパ見てこれ!顎見て!顎! ハンミョウじゃん!ちっちゃ!なんかいっぱい居るね。これトウキョウヒメハンミョウかも!と、相棒に教わった。ナミハンミョウは持ち帰ったものの、やはりこちらは虫けら屋さんのおっしゃる通りの、、、、f^_^;

Re: 今シーズンもぼちぼち

>虫採り親子さん
もし2時間以内ぐらいで回れそうな場所があれば、「行くぞ!」と気負うより、「夜に時間が出来た時に見回る」ぐらいの方が良いかもです。
週末に限って雨が…みたいなことは時々ありますし、そうしているうちにシーズンの短い虫は終わってしまうことも多いので…

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク