スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパス・地形図・GPS

マルバネクワガタの採集などで森に入る際の必需品です。

ここ10年程(?)のクワガタブームでマルバネ採集をする人が増え、オキマル流しはもとより八重山などで山に入る人もかなり増えています。
しかし、中には採集記などを見ていると「そんなんで森に入るなんて自殺行為!何を考えてるの!?」と言いたくなるような人もいます。

“石垣の森ならまだしも、西表の森は数メートルも入ると出口が分からなくなり…”とか、
コンパス(方位磁針)も持たずに森に入ったら、迷うのが当たり前です。

実際、夜の森は昼間とは全く異なった様相を見せ、マルバネに良さそうな大木の周りを2周も回ったら方向など簡単に見失います
ほとんどの場合は集落の明かりなど見えませんし、真っ暗になれば目印もありません。
紐でも張っていれば別ですが、昼間に見た目印など、夜にはほとんど役に立ちません。

…そんな中、方位磁針(コンパス)は、方角を確認できる最も簡単なアイテムなのです。

コンパス(方位磁針)

道がどの方角に走っていて、どちらに行けば森から出られるのか?それを理解しているだけで森の難易度は全く違います。
そして、それとセットで持っていたいのが1/25,000地形図です。

1/25,000地形図

アバウトな位置確認だけならロードマップでも出来ないコトは無いですが、地形図の場合、等高線や広葉樹等の植生、小さな川や崖等も記されているため、自分が入ろうとしている場所の雰囲気を掴んだり、歩くコースを考える重要な参考になります。
例えば、上画像の地形図(ちなみに奄美大島の某所です)だと、地図下部を東西に走る道が、右側で北に大きくカーブしています。
更に、等高線を読むと東寄りに南北に走る尾根(黒い点線)があり、仮にこの尾根と道の間の森に入るとすれば、例え迷っても南か東に進めば必ず道路に出られるというワケです。
また、西に進んでも大きな尾根を越える前に引き返す、という目安にもなります。
これだけ場所が分かれば、あとは森の中をどれだけ歩こうと、必ず脱出できるというワケです。

地形図は大型書店に行けば手に入りますし、1枚数百円。
コンパスは山道具屋で1,000円程度から手に入りますし、最近では百均でも手に入ります。
決して大袈裟などではなく、山や森に入るなら当たり前の持ち物なのです。

そしてもうひとつ。
最近では使っている人も増えてきたGPS

GPS

人工衛星を利用して位置を測定し、緯度・経度で現在地を計測する機器。
以前はかなり高額だったのですが、近年は比較的手の届きやすい価格帯になってきました。
GPSは森からの脱出はもとより、現在地をより詳細に知ることができるというのが最大の利点です。
夜の森の中というのは、よほど地形を熟知していないと地形図と照らし合わせてピンポイントの現在地を知るというのは不可能です。
しかし、GPSであれば自動的に現在地を計測してくれるため、「ここで採った」というピンポイントを知ることができ、実際に夜間採集に使用している人も何人もいます。
また緯度・経度を計測しておけば、その時点で詳細地名が分からなくても後で調べる事もできますし、海外などでひとつの地名が指す地域が広大な場合、GPS計測のデータをラベルに記載する場合もあります。


…まぁ、GPSは追加装備だとしても、夜の森に入ろうというなら、せめてコンパスと地形図ぐらいは持っていましょう、自分の身の安全のために
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ♪

毎度勉強になります!
自分は極度の方向音痴なのでコンパスはもっているのですが、
GPSは更に便利そうですね~
調べたら意外と安価で入手できそうなので、
買おうかなぁと思っています(^^
2万~も出せば結構よいものもありますし、
これで遭難を回避できれば安いものですね!

Re: こんばんわ♪

>クワキチさん
知らない森に入るならコンパスは必須ですよね。
正確な帰りルートを忘れても、最低限「個の方角に進めば元の道に出られる」と分かっているだけで安心感は全然違います。

GPSは必須アイテムではないものの、あれば便利なアイテムなのは確かです。
遭難防止のほかに、御神木の位置マーキングもできますし(笑)
古い型の物だと森林内では電波を拾いにくくなるので、比較的新しい型の物を使用した方が良いかと思います。
…と言いながら、自分のGPSは古いんですが(^^;
カケロマ島で道なき山に入った際、森林内で電波が入らず、ロッドの先にGPSを括り付けて樹幹部まで伸ばし、電波を拾って位置確認をしましたよ(笑)
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。