クロハナムグリ

コアオハナムグリはちょっとした草地の花の上でよく見かけるが、林の近くの花上などだと、たまにちょっと違うのがいるコトがある。
サイズはコアオと同じぐらいだが、艶消しの黒い体はコアオよりやや細く、そこにクリーム色の紋がある。
クロハナムグリ
クロハナムグリ という。
コアオと同じく春~秋まで見られるハナムグリだが、数はあまり多くない。
艶消しの黒は渋みもあり、ちょっとレア感があって、見つけるとちょっと嬉しくなる虫のひとつだ。

ただこの虫、狭い範囲に何頭か見つかることがあり、そこから離れると全然見ない…という面白い見つかり方をすることがある。
集合性でもあるのか、近くで羽化した成虫たちが拡散する前にまず一度花に来るのか、理由はよく分からないのだが…

ちなみにこのクリーム色の紋は個体変異があり、紋が小さい個体もいれば発達する個体もいる。
…で、実は先日、こんな個体を見つけてしまった。
クロハナムグリ斑紋発達
なんじゃこりゃ!?

最初の写真の個体と比べても一目瞭然、前半部(前胸背)の模様が異様に発達し、まるで唐草模様か浮世絵の荒波のようになっている。
今までに何度もクロハナムグリは見てきたが、こんな個体を見たのは初めてだった。

時に斑紋が異様に発達する個体というのはハナムグリに限らず色々な昆虫で稀に見られるようだが、これもそのひとつなのだろう。
「この虫は前にも見た」とスルーしてしまわず、よくよく観察してみると面白い発見があるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク