FC2ブログ

ちょっと虫採り行ってくる!

この時期で、私が「虫採り行ってくる!」と言い出せば、まぁ恒例のアレです。
今回もまた未記録の島に挑戦してきます。
前回、伊平屋島・伊江島は完敗を喫してしいました。今回の島も正直、どうなるか分かりません。
でも、やれるだけやってきます。

…最近しばらく更新が滞ってしまっています。
更新したいのはヤマヤマなのですが、ネタが…(ヲイ
とりあえず、今年見掛けた、ボーベリア菌にやられて死んだカミキリムシの画像を。
ボーベリア菌-1
カミキリムシの敵は捕食動物だけではなく、こういう菌類もある。
菌に侵されたカミキリムシはやがて体が動かなくなり、木などに掴まったまま息絶え、その体からは白い菌が噴き出してくる。

ボーベリア菌-2
今年はたまたま2回ほど目にする機会があったが、奇しくもどちらもナガゴマフカミキリであった。
別にボーベリア菌はこのカミキリにしか付かないワケではなく、様々な種につく。
こういうのもまた自然の摂理。

人間に感染するカビが…なんていうとニュースで大騒ぎになりそうであるが、他の生き物に目を向けてみると、自然界においては人に気付かれぬまま当たり前のように起きている出来事なのである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんというか、これは…ちょっと美味しそうにも見えますね。
綿菓子というか砂糖菓子というか(笑)

しかし死んだ後で菌がまとわりつくならわかりますが、こうして生きている個体に寄生する菌がいるんですね。
もし飼育ケース内で発生したら嫌だなぁ。

Re: No title

>たく37歳さん
そういえば、飼育中に発生したという話は聞いたコトないですね。
自然下での写真なんかは見掛けますが…


プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク