スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄ケブカコフキ探索2016~その2~

12月25日

朝9時に港に行って手続きを済ませ、フェリーに乗り込む。
出港までまだ1時間もあるので、窓際の席に座って一眠り。

やがて、腹の底に響くようなエンジンの振動が始まり、船が動き出す。
天気は穏やかで波もなく、ウトウトしているうちに早々と行く手に島が見えてくる。
慶良間諸島
今回の目的地を含む、慶良間諸島(けらましょとう)である。

今回の目的地である渡嘉敷島もこの慶良間諸島に含まれる島で、諸島の主島となっている。
この渡嘉敷島をはじめ慶良間諸島ではまだケブカコフキコガネの生息は確認されておらず、採集記録は全くない。
もし1♂でも採集することができれば、渡嘉敷島だけでなく慶良間諸島からの初記録として報告できるのである。

…ちなみに、慶良間諸島は沖縄本島とは地学的な成り立ちの異なる島々だそうで、フェリーで1時間強という近距離にありながらカブトムシやアマミノコギリクワガタなど『沖縄本島と久米島にいるのに慶良間諸島にはいない』という生き物が色々いたりする。

…と言うことはつまり、ケブカコフキもいない可能性がある のだが(汗)

実際、「渡嘉敷島にケブカを探しに行きたい」という話をしたら「慶良間にはいないんじゃない?」と言われたコトも何度かあった。
ただ、Googleのストリートビューで見るとリュウキュウチクは島のあちこちに確認できるので、環境だけで見るなら生息している可能性は十分にあるようにも思える。
沖縄のケブカコフキコガネはリュウキュウチクの群落が良い目安になるのでポイントを絞りやすく、今回の計画を立てるに当たっても事前にストリートビューでさんざんリュウキュウチク群落のある場所を調べまくり、地図に書きこんでおいた(笑)

さて1時間ちょっとの船旅を終えて無事に島に上陸し、まずは事前に目星を付けていた場所を回ってみる。
なるほど山の中を抜ける道沿いにはあちこちにリュウキュウチクが見られ、雰囲気は非常に良い。
良さそう場所に簡易式ライトを設置してはカーナビにポイントを打っていく。

…こういう時、カーナビは非常に便利だと思う。
林道などは似たような景色が多く、どの辺りにトラップを設置したか分からなくなってしまう事が多々ある。
しかし、カーナビで設置ポイントを登録しておけば場所が分かるのでチェックや回収の漏れもなくなる。
忘れっぽいクセに何個もトラップを入れたがる自分には、非常に便利なアイテムである。

ケブカコフキは♂の走光性(※虫などが光に向かってくる性質)が高く、生息ポイントにライトトラップを設置しておけば高確率で飛来する。
発生ピークを越えてしまった可能性が高いとは言え、8~9ヶ所にライトを設置して数日やれば、生息しているなら採れないハズはない…

……

…………

…はず、たぶん。

さして大きな島でもないので一通りの道を走って環境を確認し、オキナワカラスアゲハなんぞを採集しつつ、夜を待った。


やがて陽が落ち、周囲が闇に包まれる。
設置したライトトラップを確認しつつ望みのありそうな場所を探索していく。

風と葉擦れの音。
小さな虫は飛んでいる。
ライトに大きな黄色い物体が貼りついているので何かと思ったら派手な色彩の蛾だった。
キイロヒトリモドキ
九州より南に生息しているキイロヒトリモドキという蛾だそうで、大型だしナカナカ格好良いのだが、メンドクサイので採らない。
…いや、ケブカコフキがわんさか採れていたなら、「こいつも採っとくか」となったかもしれないが、目的の虫がまったく気配もない今の時点では、食指は動かなかった。

しかし多い。
ライトにも来ているし、走っていると車のヘッドライトにも何度も飛んでいるのが照らし出される。
「これが全部ケブカだったらいいのに…」とお約束の呟きを漏らしつつ、更に探索を続ける。

これぐらいの島なら一晩でポイントも一通り回れるし、ケブカが生息しているなら初日から見つかる可能性は高い。
昼間にチェックしたリュウキュウチクの群落のうち確率の高そうな場所から順に見ていく。
…だが、森の中は静まり、甲虫の大きな羽音は聴こえない。

リュウキュウチク群落に潜り込んでは耳をそばだてながら徘徊し、数十分探索しては別の群落に向かう…というのを繰り返す。
雰囲気は良く、今にも藪の向こうから眼をオレンジに光らせながら下手くそな飛び方でケブカコフキが現れそうなのに……


…来ない。


…結局、日付が変わるぐらいまで探索を続けたものの、ケブカコフキのケの字もないまま渡嘉敷島初日の探索は切り上げる事となった。

正直、この時点でかなり望みが薄いと感じた。
生息していない可能性もありうる、と。
ただ、沖縄が既にピークを過ぎてしまっていた事からも、「いないのではなく終わっちゃった」の可能性も考えられ、なんとも判断しづらい。
とりあえず、まだ初日なので明日以降に望みをつなぎ、今日は休むことにした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めての記録を目指す場合はどうしても疑心暗鬼になりがちですが、採れなかったという事実も大変大切なことと思いますので頑張ってください。採れないはずの場所で自分の感覚を信じて採れた時の喜びは何にも替えがたく思います。続編楽しみにしています。

Re: No title

>アマミシカマニアさん
時期を外してたりすると「生息しているのに採れない」という可能性も出てきてしまうので、「採れない=いない」と言い切れないのがまたもどかしい(^^;

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。