スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉の樹皮の下に

近所の林を軽い気持ちで探索。枯れた杉の樹皮の下に何かいないかとベリベリッと剥がしてみたところ、黒いツブツブが。
何かと思ってよくよく見れば、クロウリハムシの集団だった。
越冬クロウリハムシ
ハムシの中でも「超」の付くド普通種で、活動シーズンにはカラスウリなどにいくつも付いているのを見掛けるが、越冬している姿となると見た記憶はあまりない。
見慣れた普通種であっても、普段と違う状況で見つけると嬉しいものである。
面白くなって他にも何かいないかとめくっていくと、チビタマムシやハムシダマシなんかも姿を現す。
更には、ヤモリまで。
越冬ヤモリ

他の木はどうかと歩いていると、大きな杉の切り株。
見てみると樹皮の一部だけ浮いているようなので、そこを力任せにベリベリッと剥がして見たところ、モロモロモロッと大量のワラジムシが溢れ出した。
うわっ!と思ったものの、艶消し灰色の中に青みがかった金属光沢が混じっているような気がしてよくよく見てみると、
越冬マイマイ2頭
あッ!

やや青みがかった黒っぽいモノが2つ、頭を覗かせている。
「こんな隙間によく潜り込んだなぁ…」なんて思いながら丁寧に引っ張り出せば、やはりマイマイカブリである。
越冬マイマイ2頭-2

…それにしても、千葉に転居してからマイマイカブリの遭遇頻度がずいぶんと上がったような気がする。
以前は、マイマイカブリなんて年に一度出遭えるかどうか…という感じだったのが、千葉に来て2年弱で既に十数頭は出遭っている。
そのうち「マイマイカブリを採るぞ!」と狙って採ったのが4頭、残りは普通に探索をしていて偶然バッタリなものばかり。

この辺りのマイマイそこそこ密度が高いのか?
それとも普通に生息している地域で腰を据えて採集していればこのぐらい出遭うものなのか?
…よく分からないが、見つけるとついつい採集してしまう。

なんにしても、こんな大きな虫が採れるのは想定外で、毒ビンも持っておらず、仕方なく生かしたまま指に挟んで自転車に跨り、家まで帰った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。