ダンゴムシモドキ?

さて、この虫は何でしょう?

ヒメマル(1)

…ダンゴムシ?
いえ、伸びてみると、脚は6本です。

ヒメマル(2)

つまり、これはダンゴムシではなく、れっきとした昆虫の仲間です。
表側はこんな姿。

ヒメマル(3)


…実はこれ、ゴキブリの一種です。
南西諸島だけに生息するヒメマルゴキブリというゴキブリの♀です。

完全に野外性のゴキで、夜にマルバネ探索をしているとポツポツと目にしますし、バナナトラップにもたまに来ます。
まとまって見つかる事はまずありませんが、あちらこちらでポツリポツリと見つかります。

…実のところ、私はゴキブリは大の苦手なのですが、このヒメマルは日本で唯一、私が素手で触れるゴキブリです。
それぐらい、ゴキブリらしくないゴキブリなのです。
大きさも、伸びた状態で1cm程度と小さく、クロやチャバネのように素早くもありません。
知らない人が見ればダンゴムシにしか見えません。
しかし、よくよく見ると触角や頭の付き方、脚の形などは確かにゴキブリと共通しており、なるほど確かにゴキブリの仲間なのは確か。

ちなみに、こんなダンゴムシみたいな形なのは♀と幼虫で、♂は普通のゴキブリのように翅が長くなります…

ヒメマル♂

…が、これが実は激レア

今年(2011年)秋に沖縄に行った際に初めて見ました。
♀はかれこれ10~20頭は見ているハズですが、♂を見たのは初めて。
ゴキブリチックでありながら前胸背の丸さや脚の短さなどはヒメマルの雰囲気も残しており、独特な雰囲気の虫で、最初はゴキだと気付きませんでした。
昼間でも活発に歩き、小距離の飛翔を繰り返す活発な個体で、最初見つけた際に危うく逃げられそうになりました(笑)



…そして実は、南西諸島にはもうひとつ、私が見てみたいゴキブリがいます。

それがルリゴキブリ
ゴキブリのくせに鈍い青の金属光沢をもつ美しい種で、ゴキらしい形ではありますが、比較的寸詰まりな姿をしています。
まだ標本すらほとんど見た事がなく、一度野外でその姿を見てみたいゴキブリです。
その姿を拝めるのはいつの日か…


…でも、もう一度念を押しておきますが、
私は基本的にゴキブリは大の苦手です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: はじめまして

>Sさん
はじめまして。
どうもこのblogからだとOutlookに直結してしまい、しかし私自身Outlookを全く使用していないので、申し訳ないのですがこちらにて。

国産種は流通ルートには乗りにくいですよね。
ヒメマルは現地で探せば♀はポツポツ見つかるので、飼育する際の参考にする意味も含めて採集に行かれるのが良いかと思いますよ。
多数見つけるのは難しいですが、夜に他の虫を探していると毎晩1~数頭は見掛けます。
10月の沖縄や2月の奄美でも見つかりましたので、航空券の安いオフ・シーズンで十分イケると思います。

ちなみに、私自身は飼育はあまり力を入れていないので、家には1♀しかおりません。
殖えてくれたら楽しいな~、と思いつつ観察する毎日。
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク