FC2ブログ

インセクトフェアの戦利品(+α)

フェアから既に数日が過ぎてしまいましたが…

まぁ、今更 戦利品報告です。

大手町2017-1
左から、フェイスタメイルシワバネクワガタ、リノケロスフタマタクワガタ、ノコギリタテヅノカブト
クワガタ2種はどちらもかなり大きな個体(特にシワバネは特大級)なのだが、ものすごく安かった。

大手町2017-2
クワガタやら何やら色々。右上のは、去年もあったヘクソドンアルキデスヒラタの横の大型のミヤマはフライミヤマクワガタで、これまたかなりの大型個体(が格安で)。
なんか今年は、「えっ、こんな値段の雑売りの中にこれが!?」的なのが色々あったように思う。

大手町2017-3
…で、そのミヤマ(フライミヤマ)がこれ。ギネスが76mmなんだけど、これ74mmもあるんだな。

大手町2017-4
派手派手しいタイのバッタ。こういうのは箱の賑やかしになる。

大手町2017-5
ウラモジタテハと言って、ハネの裏の模様が数字に見える不思議なチョウ。「89」や「88」といった数字に見える。

…さて、インセクトフェアでの戦利品はこのぐらいなのだが、実は同日に同ビル内でコガネムシ研究会の大会も開かれており、そこでまた色々な虫を頂いたりしてしまった(誰からとは言わない)。
大手町2017-6
ダイコクコガネ。糞虫を代表する大型種で、長い頭の角は非常に格好良い。

大手町2017-7
ミドリセンチコガネ(オオセンチコガネ)。
…オオセンチとミドリセンチはいわゆる「同種」なのだが、鈴鹿山脈などの辺りでは緑色の金属光沢をもつものが多い。

大手町2017-8
これも大会で頂いた色々。

今年は、使った金額は昨年より少ないにもかかわらず、良いモノがたくさん手に入ったように思う。
ほとんどの標本は、いずれ展示に使いたいなと思って集めているもので、なんとか日の目を見せてやりたいものだが…。

…ちなみに、標本教室の宣伝の方は、チラシをだいぶ持って行ってもらえたし、それなりに宣伝できたものと思う。
お客さんだけでなく、自治体や図書館からの開催相談とかも来たら良いなぁ…と淡い期待をしつつ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
夏を中心に東京農業大学の「食と農の博物館」や公立図書館で標本教室を行い、毎年大好評を頂いています。また、科学館の昆虫展の教育展示標本を手掛けたりもしています。
趣味面でも年齢=昆虫歴というぐらいの虫好きで、好きが高じて農大で昆虫学を学び、きちんと基礎を踏まえた上で教室もやっております。

なお、Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいなら構わないのですが、決してフリー素材として置いているワケではありませんので、勝手な使用はご遠慮ください。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
lucanidae@hotmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク