田無にて

ちょっとした虫探しの時、こういう樹種のネームプレートの裏というのは結構ポイントになる。クチキムシや、樹液の出ているクヌギならクワガタなんかが隠れていることもある。…時にはゴキブリやヤモリなんかが見つかることもあるが。
また今時期のような晩秋ならカメムシなんかもよく隠れている。
看板チェック-1

今回も、「何か隠れていないかな?」とプレートをめくろうと近付いていくと、視界の下の方に樹皮とは違う明るめの茶色が見えた。
看板チェック-2

もう数歩近づいてみると、セミの抜け殻である。薄めの茶色で小さく、ほっそりとしている。
「あ、ツクツク(ツクツクボウシ)の抜け殻!」
もう11月も下旬であるが、あまり風雨に晒されない場所で羽化したために抜け殻がまだ残っていたようだ。
実際、条件の良い場所で羽化したセミの抜け殻は数年経っても残っていることもある。

…で、その抜け殻を見ていたら、視界の左の方、違和感を感じた。
看板チェック-4

何とはなしに視線を向けると、樹皮とちょっと違う感じがした。
色は樹皮と似たようなものなのだが、質感というか…何と言うか、まさに “違和感” である。
気になってよく見ると、タマムシのシルエットのような気がして、もう一歩近づく…

「あっ、ウバタマムシ!
看板チェック-5

ネームプレートセミの抜け殻ウバタマムシ
…昆虫を探していると、こういう妙な連鎖で見つかることもある。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

成虫越冬でしたね

実家の新潟の市街地周辺は浜っ端で、砂防林のクロマツが多いためにウバタマが普通種でした。個人的に秋口と春先に見られる虫という印象があります。しかしこの鋳造感、シブくて良いですよね。

Re: 成虫越冬でしたね

>きむら いずみ さん
ウバタマって、自分はあまり出逢えない虫な印象があります。まったく出遭えないワケではないのですが、「たま~に見る」な印象です。

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク