FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元採集で、まさかの…

今年は季節の進行が早い。いつもならGW~5月頃に咲く花が既に満開になっていたりする。
昨年5月にカラスアゲハを採った地元ポイント(→記事)に、今年は完品を…!と意気込んで行ってみた。

…が、まだちょっと時間が早い。
そこで、川沿いの林にフジの花が咲いている場所はないかと川の土手に行ってみた。
しかしフジの花は見当たらない…と土手沿いを見渡したところ、川上側から黒いアゲハが飛んでくるのが見えた。
ハネの表が一瞬緑色に光ったように見えたので「おっ!カラスか?幸先良し!」と近くまで飛んでくるのを待つ。
やがてハネの表を視認できるぐらいの距離まで近づ…


んっ?


何か…

えっ…?
いやしかし、まさか…?


アゲハは土手沿いに右に左にフラフラしながらもこちらに飛んできて、やがてすれ違う。

やっぱり、それっぽく見えるんだが…

ネットインできそうなタイミングを計り、アゲハを追い掛ける。
…正直、採れる確率は低い。こういう場合、振り逃すことが多いのだ。
しかしだからと言って見逃すワケにはいかない。
小走りで追い掛け、やがてアゲハが土手の上をゆっくりと横切った瞬間、ここだっ!と追い掛けるように網を振った。

入った!

しっかりと胸を押し、網から取り出す。

地元ミヤマカラス-1
ウッソだろ…

念のため、ハネの裏も見てみる。

地元ミヤマカラス-2
やっぱり間違いない。

ミヤマカラスアゲハ。

えっ?
えっ、えっ…?
地元にミヤマカラス…?

あまりの驚きと戸惑いで、嬉しさがちっとも込み上げてこない。
千葉のド平地である地元で、ミヤマカラスアゲハ…?
確かに、三浦半島や伊豆半島など海に近い場所での生息地もあるが、いやしかし…

ミヤマカラスアゲハは煌びやかな輝きを持つ大型のアゲハで、日本で最も美しいチョウと言われることも多い。
「ミヤマ」の名のごとく山地に生息することが多く、自身も標高500mを超えるような場所で採集する機会が多いチョウだ。
まぁ一部に海沿いなどの平地に生息する個体群もいるが…

ほとんど山のない千葉県では確実な生息地は無いとも言われ(文献によって異なる)、恐らく地元では初記録ではないだろうか。


う~ん…いやしかし、まさか…

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミヤマカラスアゲハ採集の件

はじめまして。
千葉県昆虫談話会および北総昆虫談話会会員の井上と申します。
ミヤマカラスアゲハの採集素晴らしい記録ですね。
私は千葉県北総部の野田市に在住しています。毎年の様に自宅の庭に植栽しているキハダにてミヤマカラスアゲハの幼虫を確認し、回収・飼育をしています。今年も20数頭の幼虫を回収して現在飼育中です。千葉県の北西部では稀にミヤマカラスアゲハ成虫の採集記録があり、幼虫に関しては毎年(主に9月)の様に確認されています。大きなキハダが有れば産卵していくようです。
 今回のお願いは、井上様がミヤマカラスアゲハを採集された市町村だけでもお教え頂けないでしょうか。千葉県の北西部では野田市、柏市、流山市、我孫子市、船橋市、佐倉市、印西市等で記録が有ります。
 井上様にご迷惑がかからないようでしたら、採集市町村お教え願えれば幸いです。 私の所属しています北総昆虫談話会の例会には農業資源研究所の井上A尚先生も参加されアゲハ類には力を入れています。
では失礼いたします。
北総昆虫談話会 井上
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。