スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンゴロウ(シマゲン)標本の色残し

シマゲンゴロウの標本

ゲンゴロウの色を残すのって、けっこう大変です。
ゲンゴロウ類は甲虫の中でも変色しやすく、脂が出たり何なりで黄色など明るい色の部分が黒ずんでしまいやすい。
酢酸エチルで〆ただけでもすぐに黄色が消えてしまう。
なので、水昆屋(昆虫の中でも水生昆虫を中心に趣味としている人)は、亜硫酸ガスで〆て、更にアセトンに浸けて脂抜きするのが一般的となっている。
…が、正直ちょっとメンドクサイ。

なので、今回ちょっと実験してみた。

乾燥期間わずか4日だが既に脚も固まっており、ほぼ乾いてそう。
で、現時点で色もこれだけ残っている。

方法としては、
(1)ライターガスで殺虫
(2)高温・急速乾燥

(1)のライターガスはまた今度詳しく書くとして、(2)高温・急速乾燥だが、ある種の禁断技(?)だ。
密閉容器(タッパー)に乾燥剤と共に展足したゲンゴロウを入れて蓋をし、日向(ひなた)に置く。
これによりタッパーの中は40℃やそれ以上の高温になり、昆虫体内の水分が一気に蒸発し、それを乾燥剤が全て吸収する。
セミなんかだと半日ちょっとでカラカラになってしまう。

ただ、直射日光は本来は標本の大敵。色褪せの一番の原因だ。
なので、やり過ぎれば、博物館の展示標本のような白っちゃけた色になってしまう。
ある意味で、諸刃の剣(笑)

…念のため、あとしばらく日陰で乾燥させてから標本箱に入れるつもり。
あとは、脂が出ないかどうか、だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。