標本教室のお知らせ

※今回は告知になります。※

「昆虫の標本を作ってみたいけど、やり方がよく分からない」「我流で標本を作っているけど、基礎をちゃんと知っておきたい」…という方、日本昆虫協会ではこの冬、標本作製教室を開催致しますので、ぜひ御参加下さい!

…とまぁ、そんな感じの宣伝文句で、12月下旬に、日本昆虫協会(千代田区)&むし社さん(中野区)にて、標本教室を開催します。
なんでわざわざブログに載せているのかと申しますと…

僭越ながら、私こと虫けら屋が講師を担当させて頂きます (^^;

…実を言いますと、私は日本昆虫協会(HP)に所属しておりまして、こういう標本教室等を企画・担当させて頂いてます。
(※今年の夏にも、市ヶ谷・むし社・山梨オオムラサキセンターの3ヶ所で各複数回開催しました)
そんでまぁ今回、千代田区の回は同会主催、むし社開催の回はむし社さんとの共催という形で開催致します。
概要は以下の通り。


<むし社開催>
〒164-0001 東京都中野区中野2-23-1
むし社 第2営業部(509号室)

12月21日(水)
前半の部(13:00~15:30) クワガタムシの標本作製~基礎編~:4,000円
後半の部(16:30~19:00) ハチ・バッタの標本作製:4,000円

12月28日(水)
前半の部(13:00~15:30) セミ・トンボの標本作製:4,000円
後半の部(16:30~19:00) チョウ・カマキリの標本作製:5,000円

※ちなみに、12月20日~30日の日程でむし社さんで年末セールが開催されますので、標本教室当日も店舗にてセールをしています。
(→むし社ホームページ


<日本昆虫協会 開催>
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-9
九段上集会室(九段さくら館)

12月25日(日)
前半の部(10:00~12:30) チョウと甲虫の標本作製:5,000円
後半の部(13:30~16:00) カマキリの標本作製:3,000円



◎クワガタムシの標本作製~基礎編~(むし社)
クワガタの大型種と小型種の標本作製方法です。
標本作製というのは最初敷居が高く感じられるかもしれませんが、基本を覚えておけば実際にはそう難しくありません。

◎ハチ・バッタの標本作製(むし社)
ハチとバッタの標本の作り方をやります。
バッタは、先日ブログで紹介した通り内臓を抜く作業があるので、苦手な方はご注意下さい。

◎セミ・トンボの標本作製(むし社)
セミは脚と翅を開くのを一緒に行う方法です。
トンボは腹部に茎を通すので他の虫の標本と少しだけ事なりますが、セミ・トンボとも難しくはありません。

◎チョウ・カマキリの標本作製(むし社)
チョウは展翅板という特別な道具を使うため、その分だけ価格がやや高くなってしまいますが、ご了承下さい。
カマキリの標本も内臓を抜く必要があるため、バッタと同様苦手な方はご注意下さい。

◎チョウと甲虫の標本作製(市ヶ谷)
展翅と展足という、昆虫標本作製の基礎2つです。
こちらも展翅板代分だけ価格が上がっていますが、前者もこちらも、ご自身で展翅板をお持ち頂ける方は、他の教室と同じく参加費4,000円になります。

◎カマキリの標本作製(市ヶ谷)
カマキリ単体のため、参加費は3,000円です。
内臓を抜く作業があります。


…子供でも分かりやすいよう、かなり噛み砕いた話をしますが、大人の方にも楽しんで頂けるように頑張って内容を練って企画しておりますので、詳細・申込等は日本昆虫協会のHPからよろしくお願い致します。

日本昆虫協会 標本教室ページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ!

トンボとチョウとセミの講習受けんですが
都合が合わないのでブログ上の講習に期待します!

虫けら屋さんが講師なんですね!!
すごい~w!
業界の方なんですか!?

標本教室

>クワデリさん
こんばんは!
業界の人……
…う~ん…まぁ、業界の隅っこの方にチョンと腰掛けてる程度でしょうか(笑)
1年前ぐらいまでは、「昆虫文献 六本脚」という昆虫書籍のお店で働いていましたが、そちらは退職しまして、現在は日本昆虫協会という会に所属して標本教室なんかをやらせて頂いてます。
お店の店員とか標本商とかではないですよ。

トンボの基礎編は既に書いていますが、来年には応用編も書きたいですし、セミやチョウについても書くつもりです。
…まだいつになるかは分かりませんが、首を短くしてお待ち下さい(笑)

トンボの標本の作り方~基礎編~:
http://lucanidae.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク