夏の名残り

1月11日。
ちょっと用事で、午後から自転車で1時間ちょっとの所まで。
…用事は果たせなかったんですが、ついでにヒラタの御神木を見に立ち寄ってみると、その根元には確かに夏の名残りが。

夏の名残り

この木は既に半枯れ状態で、枯れる間際に樹液をダラダラ垂れ流しているような状態なので、いつ枯れてしまうか気が気でないのですが、見上げた梢には新しい芽が付いていたので、とりあえず今年はまだもってくれそうかな?

クヌギの梢

昨年はこの木だけでヒラタ7♂(MAX55mmUP)が採れており、自分にとってはヒラタの御神木。
少しでも長くもってもらいたいものである。

今年も大型ヒラタを採らせて下さいませませ。







※追記※
「小型甲虫の標本の作り方」に、接着剤の話や台紙の話を多少追記しました。
(→小型甲虫の標本の作り方
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク