FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってまいりました

本日、無事に帰ってまいりました。

今回行っていたのは、奄美大島 でした。
鶏飯2018

結果は追々報告するとして、なにやら自分が奄美にいるタイミングで、徳之島で特別保護地区内に昆虫採集用のトラップが設置されてて警察沙汰になっている…なんて事件が起きてましたが、、、

私じゃないですよ?



でも、時期的にケブカコフキ狙いのような気もしますね…。

ちょっと虫採り行ってくる!

この時期で「行ってくる!」と言えば、まぁ毎年恒例のアレですね、
ヒゲと胸毛なあんちくしょう。

今年は以前にも行った場所での発生確認と追加採集がメインで、まぁ時間があれば近くの未記録の島も行ってみようかな、というところ。
お仕事の関係で以前のように2週間とかの長期日程が組めなくなってしまったので、5泊6日(これでも普通に考えたら十分に長期かもしれない…)

当ブログで何度も触れてきた通り彼らは色々とおかしな生態をした虫なのですが、採集を重ねるうちに「おやっ?」と思うようになった点があり、それを確認してきたいというのが一番の目的。
それが適えば生態知見として発表したいので、今回はぜひとも成功させたいのですが…

はてさて。


なにはともあれ、じゃあ ちょっと虫採り行ってくる!

ポイズンリムーバー

久々に道具を紹介してみる。

昆虫採集をする上で怖いのが、ヘビなどの有毒生物。本土ならマムシやスズメバチ、南西諸島に行く人なら 毒蛇ハブ は無視することのできない危険要素。

ハブ持ち
できるなら出遭いたくないと思うのが普通であるが、狙う虫によってはそれらの生息地に自ら赴かなくてはならないこともある。
まして咬まれるだの刺されるだのという事故は極力避けたいものだが、それでも万が一というコトもある。

…そんな時に、持っておきたいのが「ポイズンリムーバー」である。

ポイズンリムーバー-1
簡単に言ってしまえば逆注射器で、注入された毒を吸い出す道具である。
試してみたところ、かなり強く吸引されるので、口で吸い出したり手で絞り出すより確実にこちらの方が良いだろう。

山道具屋やホームセンターなんかで売っているが、この逆注射器だけの商品もあれば、私が持っているようなT字カミソリと各サイズの吸引口が付属しているものもある(※傷口付近に毛髪があると吸引口がピッタリ当てられず十分に吸引できないので、そういう時は傷口周辺の毛をカミソリで剃ってから吸引する)。

ポイズンリムーバー-2
価格も千円~数千円程度でそれほど高値いものではないので、本格的な採集をするなら持っておきたい物のひとつである。

…ただ、もちろんコレで処置すれば完璧というものではなく、あくまで「その場での最善の対処」である。
毒を吸引した後は、速やかに病院に行くことが大切。

…もっとも、コレにお世話になるような事態には遭遇したくないものだが。

今更に…

今更ですが、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


で、一発の記事から何なんですが……





子供に標本ぶっ壊されました。




…最後に固定用のボンドを乾かすために、箱に入れないまま机の上に置いてあったユミアシゴミムシダマシの標本。
子供が椅子に上り、一緒に置いてあったルーペでブッ叩いて遊んでしまったらしい。
ゴミダマぶっ壊れ

……(-д-;)……。

とりあえず、子供が昆虫針やなんかでケガをしなかったようなのでまずは良かったが…

届かないだろうと思ってたんだけどなぁ…



油断大敵

田無にて

ちょっとした虫探しの時、こういう樹種のネームプレートの裏というのは結構ポイントになる。クチキムシや、樹液の出ているクヌギならクワガタなんかが隠れていることもある。…時にはゴキブリやヤモリなんかが見つかることもあるが。
また今時期のような晩秋ならカメムシなんかもよく隠れている。
看板チェック-1

今回も、「何か隠れていないかな?」とプレートをめくろうと近付いていくと、視界の下の方に樹皮とは違う明るめの茶色が見えた。
看板チェック-2

もう数歩近づいてみると、セミの抜け殻である。薄めの茶色で小さく、ほっそりとしている。
「あ、ツクツク(ツクツクボウシ)の抜け殻!」
もう11月も下旬であるが、あまり風雨に晒されない場所で羽化したために抜け殻がまだ残っていたようだ。
実際、条件の良い場所で羽化したセミの抜け殻は数年経っても残っていることもある。

…で、その抜け殻を見ていたら、視界の左の方、違和感を感じた。
看板チェック-4

何とはなしに視線を向けると、樹皮とちょっと違う感じがした。
色は樹皮と似たようなものなのだが、質感というか…何と言うか、まさに “違和感” である。
気になってよく見ると、タマムシのシルエットのような気がして、もう一歩近づく…

「あっ、ウバタマムシ!
看板チェック-5

ネームプレートセミの抜け殻ウバタマムシ
…昆虫を探していると、こういう妙な連鎖で見つかることもある。

プロフィール

虫けら屋

Author:虫けら屋
もっぱら採集中心の虫屋さん。当初は東京で発生が確認されたが、後に埼玉県に移入、現在は千葉県での生息が確認されている。
肉眼で見て楽しめるぐらい大きなミーハー虫が好き。

Blog内の写真・文章等については、少しの引用的転用ぐらいならOK…と思っていたのですが、なんか最近フリー素材か何かと勘違いされているフシがあるので、今後は勝手に使わないでね。

※お問い合わせを頂く際はEメールにてお願い致します(採集ポイント等についてはお答えできかねますが…)。なお、採集遠征等により、お返事まで数日以上掛かる場合もございますので予めご了承下さい。
   ↓↓↓
akepon6464@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今までに来た虫好きさん
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。